« :2013年 謹賀新年: | トップページ | :里帰りで愛媛*おまけ*: »

:里帰りで愛媛:

 正月のお休みを利用して、愛媛に帰ってきました。

 車で出発!!

阪神高速→明石大橋→淡路島→徳島道→愛媛に到着!

  Img_1903_2 明石大橋

 

 今回は、大阪方面からは一番遠い愛媛の市「宇和島市」に行きました。

  ----------------------------
   宇和島市
  ----------------------------

  ◆都道府県:愛媛県
  ◆面積:469.58k㎡
  ◆人口:81.607人(推計人口2012年)  

   愛媛県の南部に位置する都市で、
  南予地方の中心都市。宇和島城を
  中心に発展した闘牛で有名な旧城
  下町である。

   西側は宇和海に面し、それ以外
  の三方は山地に囲まれている。リ
  アス式海岸が広がり、加えて離島
  もあり、漁港の数では全国有数。

      (「ウィキぺディア」引用)
  ----------------------------

 目的は高速道路の一番端まで行く事
細かく言えば少し違いますが、宇和島道路の「津島高田」ICまで行ってきました。
 「愛媛」と言っても東西に広がるので、高速道路がなかった時代には愛媛の東から西まで行くのに一日掛かりで行っていたらしいです。

 

 そして、そこから海に向かっていくとある、「遊子水荷浦(ゆすみずがうら)」の『段畑(だんばた)』に行って参りました。

 こちらの『段畑』は、その美しさから国の定める重要文化的景観の国内3例目の事例として、平成19年7月に選定を受けています。

 『段畑』の誕生は江戸時代の終わり頃らしく、最盛期には30ヘクタールはあったようですが、平成に入った頃には養殖産業の成功と共に、2ヘクタールまで減少。しかし、地元の有志の方々が「段畑を守ろう会」を結成し、今では5ヘクタール程まで復活しているそうです。

   

 それにしても、初めて見る『段畑』には驚かされました。

 みかん畑の段々畑とは少し違い、石垣できちんと囲われ、下から見ると何かの遺跡のようにも見えました。

       Img_1916

 上にあがって見ると、『段畑』の傾斜の急さと幅の狭さにビックリ!

 それは、畑仕事をされる方は落っこちないのかな?と、誰もが思う程。

       Img_1920
       Img_1926

 ぐるりと一周して下の広場に戻ると、地元の方に声を掛けて頂き、4月には植えられたジャガイモを買うことのできる「ふるさとだんだん祭り」がある事を教えて頂きました。

 他にも、8月には「段畑ライトアップ」では、竹とろうそくによる手作り行燈で段畑をライトアップするイベントもあるようです。

 

 広場ある「だんだん茶屋」では、段畑で採れたジャガイモや、目の前に広がる宇和海で捕れた新鮮な海の幸が食べられるとか…。残念ながらお邪魔した金曜日はお休みでした。゜゜(´□`。)°゜。ホームページの「鯛のピチピチ丼」が美味しそうなことと言ったら!

 

 高速道路の開通とともに、時間も短縮して訪れる事ができるようになり、「宇和島」をもっと堪能したいと今回行ってみて思いました。

 

 『段畑』にも、もう一度行きたいですね(*゚▽゚)

 
  『段畑を守ろう会 遊子水荷浦の段畑ガイド』
         ■ ホームページ ■
              ↓↓
     http://www.danbata.jp/index.shtml

 

 

 

|

« :2013年 謹賀新年: | トップページ | :里帰りで愛媛*おまけ*: »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536001/56478101

この記事へのトラックバック一覧です: :里帰りで愛媛::

« :2013年 謹賀新年: | トップページ | :里帰りで愛媛*おまけ*: »