« :『秋の創作ファッション&雑貨フェア』開催中!14/10/9~15(奈良/西大寺): | トップページ | :2014年11月の開講日: »

:『45周年記念 花と彫刻展』14/10/14~11/03(大阪/西区):

(「45周年記念 花と彫刻展」パンフレットより)
-------------------------------------

秋を彩る「花と彫刻」
野外造形の歴史とともに

秋の大阪市うつぼ公園(西区靭本町)で開催される「花と彫刻展」が45回を迎える。
大阪彫刻家会議の会員に徳島、兵庫からの招待を加えて計31作家が、公園内の遊歩道沿いと池の水辺に意欲的な作品を設置する。
日本での野外彫刻の歴史は約50年にすぎないが、草創期の1968年に結成された大阪彫刻家会議は初めから公共空間での作品展示を重視し、うつぼ公園を主舞台に緑と花とアートの共存をテーマにして活動してきた。
作風や所属団体などの違いを超えた作家集団であることが、多様で自由な雰囲気を生んで散策の母子や昼休みのビジネスマンたちを楽しませ、愛されている。
いま、野外彫刻は「冬の時代」にある。この野外展は作家にとって重要な発表の場である。ビジネス街の都市公園という環境を意識した競作がエネルギー源となって、アートのある豊かな都市美を追求する貴重な経験の場でもある。45回展を楽しみたい。
山村 悟
(元大阪産業大学建築・環境デザイン学科教授)
-------------------------------------
第45回記念・花と彫刻展を迎えて
うつぼ公園の「花と彫刻展」が多くの歴史をきざみ45回記念展を迎えることになりました。
1980年代には大阪市の新しい都市計画で街づくりに貢献し、1995年には国際花らんまん’95花と緑の彫刻展、2006年の世界バラ会議大阪大会協賛の花と彫刻展など、佳き時代が有り現在に至っております。
社会情勢の変化に伴い、当会にとって大変きびしい状況におかれているが靭公園、大阪市西区役所、靭振興町会などの地域の皆様とその他多くの方々のご支援で開催の運びとなりました。また、交流しています兵庫彫刻家連盟、徳島彫刻家集団より5名の彫刻家に賛助出品していただきました。あわせて深く感謝申し上げます。
永年、うつぼ公園の文化芸術の風物詩として親しまれてきました「花と彫刻展」をご高覧、ご支援くださりますようお願い申し上げます。
大阪彫刻会議会長 生島豊昭
--------------------------------------
 『 45周年記念 花と彫刻展 』
 2014年10月14日(火)~11月3日(月)
       入場無料
  会場 靭公園(東園)
  主催 大阪彫刻家会議
  後援 大阪市西区役所
  Img_1574
  Img_1575
  Img_1577
  Img_1576
創作ステンドグラス工房 ビッグハウスより
       大家 勝 出展
季節を感じると共に、アートを感じる秋♪
どうぞご来場ください。

|

« :『秋の創作ファッション&雑貨フェア』開催中!14/10/9~15(奈良/西大寺): | トップページ | :2014年11月の開講日: »

展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536001/60468092

この記事へのトラックバック一覧です: :『45周年記念 花と彫刻展』14/10/14~11/03(大阪/西区)::

« :『秋の創作ファッション&雑貨フェア』開催中!14/10/9~15(奈良/西大寺): | トップページ | :2014年11月の開講日: »