独り言

:春日大社に行ってきました:

 昨日、奈良の『春日大社』に行ってきました。

.
 お目当ては、藤の花。
.
 春日大社の中には『萬葉植物園』があり、その中に『藤の園』があり、20品種約200本の藤が植わっています。品種にもよりますが、その藤の花が満開!
.
 ゴールデンウィーク真っ只中の人込みは嫌いですが、お花は時期がありますので、ここっていう時に観に行かないとですね。
.
.
 『春日大社神苑 萬葉植物園』
. 
  開園時間 午前9時~午後5時 拝観料一般¥500
.
 昭和7年に開園。900坪の園内、中央には600坪の池があり、池の中央にある中ノ島には萬葉植物園の趣を醸し出す奈良市指定文化財のイチイガシの老巨樹が繁ります。更に島の正面には絢爛豪華な王朝の風情を再現する浮舞台が設置されております。
.
 詳しくは『春日大社』ホームページで。
.
 さて、藤の花の見頃は4月下旬~5月中旬。この日はたくさんの藤が見頃で満喫。
 Img_1744
 Img_1745
  ↑「やまふじ」
 Img_1747_2
   ↑藤棚がいっぱい
 Img_1749
  ↑「八重黒龍」
 Img_1746
   ↑自生した藤。木に纏わり巨木みたい。
.
 藤と言ってもそれぞれ。色や形や香りまで。「麝香藤(ジャコウ藤)」なんかは名前の通り、ムスクの香りが辺りを覆っていました。
.
 この日は「こどもの日 萬葉雅楽会」が浮舞台であり、奈良時代より絶えることなく春日大社に伝承されている王朝の雅楽「管弦」及び「雅楽」の数々が約2時間の公演にて奉納されました。ご興味のある方は来年トライしてみてくださいね。
 Img_1754
.
 普段体験できないことが出来て良かったです。
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

:ビッグハウス慰安旅行in石垣島 その3:

 今年は長めのお正月休みを頂き、「創作ステンドグラス工房ビッグハウス」の慰安旅行で石垣島に行ってきました!その3(≧∇≦)

.
.
 石垣島3日目は天候が危ぶまれましたが、日頃の行いのせいか(゚m゚*)雨は降らず、1日目の日に申し込んだもう一つのツアー『西表島・由布島アドベンチャーコース』に出発♪
.
.
 朝8時半に離島フェリーターミナルを出発し、高速フェリーで約50分で西表島(大原港)へ到着。
.
 そこからは、バス移動。運転手さん兼ガイドさんに西表島の色々な話を聞きながら、初めの目的地の『浦内川』へ。
.
Img_1394
 浦内川では遊覧ボートに乗り、マングローブなどを見つつ上流へ向かい、上流船着き場から、マリュウドの滝やカンピレーの滝を見に往復約1時間強のトレッキング。
Img_1395
 シダっぽい植物がいっぱい。
Img_1396
 マリュウドの滝(日本の滝100選のひとつ)が見える展望台からの一枚。
Img_1397
 カンピレーの滝(地元の人の神聖な滝)
.
 船着き場に戻り、下流まで遊覧ボートで。
.
.
 運動もしたところで、お昼ごはん!
 近くのカフェでお弁当。ぐるくんの天ぷらやゴーヤチャンプルー沖縄らしいお弁当をいただきました(゚▽゚*)
 Img_1400
 普段の運動皆無な伸介先生はトレッキングの疲れが顔に出てますね…(;;;´Д`)
.
.
 腹ごしらえ完了後は、西表島の北部にある『星砂の浜』で星砂探し。砂浜に手のひらを押し当てると星砂がひっついてきます。
Img_1332_2 可愛い☆形
.
.
 お次は、島の東側にある離島、『由布島』へ。
美原から浅瀬を牛車に乗り10分ぐらいで由布島に着くのですが、途中で水牛さんのおトイレタイムがあったり、ゆったりと島へ渡ります。
Img_1398
 こちらの水牛さんは、お客様を乗せる練習中。
.
.
 由布島は島全体が亜熱帯植物園になっており、南国の雰囲気漂う植物がたくさん。また蝶々園では、日本に生息する最大の蝶、オオゴマダラが優雅にたくさん飛んでおりました。
Img_1399
 オオゴマダラ
Img_1401
 ブーゲンビレア(オシロイバナ科)
.
 帰りも水牛さんに乗せてもらい西表島へと戻りました。
.
 西表島での全行程を終えて、帰りの高速フェリーに乗り、石垣島へ戻りました。
.
.
 石垣島では、繁華街で思い出にとTシャツを買い、夜ごはんは『Shima italian iyu』さん。地元の食材で作られるイタリアンは本当においしかったです!
 ・きのこサラダ
 ・石垣島産もろみ豚のロースト
 ・竹富島産車エビのクリームトマトスパゲッティー
Img_1379
などなど頂きました。
.
.
 3日目も大いに満喫!
.
 4日目はおみやげ屋さんに寄り、ドライブした後に空港へ。楽しい3泊4日の旅はあっという間に終わってしまいました。関空に着くと、外の寒い事!!石垣島に戻りたい!!
.
 また、行きたいな~と思う場所でした。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

:ビッグハウス慰安旅行in石垣島 その2:

 今年は長めのお正月休みを頂き、「創作ステンドグラス工房ビッグハウス」の慰安旅行で石垣島に行ってきました!その2(≧∇≦)

.
 2日目の朝はゆっくりめ。
昨日申し込んだ『マングローブをカヌーで散策するツアー』の所へお昼前に到着。
.
 Img_1387
 笠とパドル、靴をお借りして、後はライフジャケットを着れば出発!
.
 川の下流を少し登りながら、マングローブの隙間をカヌーで抜けたり、ガイドさんのお話を聞いたり、干潟を散策したりと楽しく2時間弱のひと時を過ごしました。
.
.
 お昼ごはんは撮るの忘れてましたが、地元スーパーで買った「ジューシーおにぎり(沖縄の炊き込みご飯)かまぼこ包み」と唐揚げ、ムーチー(ちまきみたいなお餅)をいただきました。
.
.
 その後、川平湾で「グラスボート」に乗り、遊覧!
Img_1390
Img_1388_2
Img_1389 ←30歳くらいのシャコガイ
                   (目測40センチくらいの大きさ)
 綺麗な海の中のサンゴや貝、お魚たちを見る事30分。泳ぎたくなりました。
.
Img_1391
 帰り道で『ミルミル本舗』に寄り、ジェラートを食べながら海を眺めました。幸せ!
.
.
 夜ごはんは、カヌーのガイドさんに教えて頂いた石垣牛の焼き肉屋さん『島うし』さん。
「社長盛り」というメニューをオーダー。石垣牛のカルビ、みすじ、ロース、ブロック(どの部位かは忘れました)がセットになったメニューですが、絶品!ブロックなんかも相当美味しかったです!
Img_1393
.
 連日、ご飯が美味しすぎて、やや太ってきた気がする2日目でした。続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

:ビッグハウス慰安旅行in石垣島 その1:

 今年は長めのお正月休みを頂き、「創作ステンドグラス工房ビッグハウス」の慰安旅行で石垣島に行ってきました(≧∇≦)

.
.
 初日、関空からお昼前に出発!直行便にて約3時間で石垣島へ到着!
.
 26℃くらいある石垣島は夏のよう。お正月にこのくらいの気温も珍しいとの事ですが、朝の4℃の世界からの気温差たるや…。
.
 ノープランで来た旅路の始めは、空港からレンタカーを借り、市役所の駐車場に車を停めて、八重山そば&ソーキそばの食べれるお店『そば処 まーさん道』さん。 
Img_1382  
 沖縄と言えばな一品、ソーきそば。太めの麺、スープは優しい味。
.
.
 腹ごしらえ完了で、宿泊先のマンションへ。
 オーシャンビューの素敵なお部屋!
Img_1383
 窓からは港と海、遠くには西表島などの島々。
.
.
 部屋で少しくつろいだ後は、離島フェリーのターミナルで明日からのツアーの申し込みました。それから海に沈む夕陽を見る為に絶景ポイントへ。
.
 到着先は島の西にある『御神崎』。広々と海が見渡せる、まさしく絶景ポイント。
.
 ただ、日没時刻の18時まで1時間ちょっとある為、違うポイントを探す事に。
.
 その途中でのら牛発見!わぁ~写真撮りたい!!と車を近付けると、のんびりしていた牛が急変!戦闘態勢へ!!\(;゚∇゚)/こっち目掛けて猛ダッシュ!逃げろ==3
Img_1384  
 どうやら画像の道の奥にいる仔牛達のお母さんが、仔牛たちを守る為に威嚇したみたいでした。本当に車に突っ込んでくるのかと思っちゃいました。ごめんなさい牛さん。
.
 ちょっとしたスリルもあったりしましたが、綺麗な夕日が見られました。
Img_1361
.
 さて夜ごはん!!
お寿司やお刺身、一品料理の楽しめる『すし太郎』さんへ。
Img_1385
 沖縄のお魚やうみぶどう、石垣牛のお寿司。
ネタが新鮮でおいしく、うみぶどうも関西で食べるものとは違うな~という印象。美味しいです!
Img_1386
 沖縄のお魚(名前わすれました)マース(塩)煮。
お魚も美味しいですが煮汁も最高!塩味が程良く効き、そこに魚の旨みが出て体に滲みわたる感じです!
.
他にもハリセンボンの唐揚げややんばる鶏の塩焼きなど地元の食材の美味しいお料理を頂きました。
.
満腹満足な楽しい石垣島一日目が終了。続く
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

:石川・富山の研修旅行のつづきpart3♪:

 『石川・富山アートと工芸研修旅行』続編!長めのお盆休みに研修旅行に行ったという話。小分けにしてアップしているので、気が付けばもう9月下旬ですが…楽しかった思い出を思い返してみました。

.
 前回までの旅路の様子はこちらから。
:石川・富山の研修旅行♪: 「金沢21世紀美術館」
          「尾山神社」や「長町武家屋敷跡」
          「近江市場」や「兼六園」
.
 では研修旅行2日昼過ぎ!
 朝から「近江市場」にて美味しい食べ物三昧&食後の運動で「兼六園」を楽しみ、富山へと出発!と思いきや、寄り道。
.
 金沢から北に車で30分くらいの河北郡にある河北潟干拓土地改良区へ。 そこには「ひまわり村」があるという情報をネットで入手。ライブ画像も配信されており、風に揺れるひまわりを確認し、広大なひまわり畑を想像しルンルンで向かいました。
.
 そして広々と続く畑の中にある「ひまわり村」に到着!想像した通り、広大なひまわり畑が広がっていました……がっっしかし、ごめんなさいと言っているかのように、ほとんどのひまわり達が重たそうに頭を下た状態なのを見て少し騙されたような気もしつつ入口へ。
 すると、なんと迷路になっているではありませんか!!
 左の入口は迷路。右の入口は天文台への近道。さすがに、2mの背丈はあろう倒れ掛ったひまわりで道すらも分りづらくなっている中、左の入口から入ると本気で迷ってしまいそうだったので、そこは迷わず右の入口から天文台を目指しました。
Img_0745
 天文台から見るひまわり畑は圧巻で、ひまわり達が元気な全盛期に見たかったなと思う次第でありました。
Img_0753
 お分かりになりますか?道の先に人がいるのを…ひまわりに埋もれています。
 ちょっと訪れた時期は遅かったみたいですが、それなりに楽しめました。
---------------------------------
  開花時期/7月下旬~8月上旬
    入園料無料/無休
---------------------------------
 その後は、石川のもう少し北へ行ったところ、羽咋(はくい)市にある、「千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ」を目指しました。こちらは世界的にも珍しく(アメリカ:デイトナビーチとニュージーランド:ワイタレレビーチと千里浜だけという話)、砂浜を一般の車で走る事か出来る場所で、8キロの間砂浜を走行でき、波打ち際まで車で乗り付けられます。対向で観光バスとすれ違う場面なんか不思議な光景。
Img_0747
砂浜を端から端まで制覇しました!
詳しくは羽咋市のH.Pからどうぞ。
.
お昼も十分楽しんだので、その先、富山へ!!
.
つづく
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

:石川・富山の研修旅行のつづきpart2♪:

 『石川・富山アートと工芸研修旅行』続編!長めのお盆休みに研修旅行に行ったという話。気が付けばもう9月中旬ですが…楽しかった思い出を思い返してみました。

 初日は金沢にて「金沢21世紀美術館」の後、「尾山神社」や「長町武家屋敷跡」を見てラーメンを食べてしめるという一日になりました。その記事はこちらでどうぞ↓
.
:石川・富山の研修旅行♪: 「金沢21世紀美術館」
:石川・富山の研修旅行のつづき♪: 「尾山神社」や「長町武家屋敷跡」
.
 さて、2日目の朝は、まず腹ごしらえをすべく金沢の台所「近江町市場」へ~。
 290年の歴史のある「近江町市場」は金沢駅からもすぐ近くにあり、魚屋さんや八百屋さんが多く、その他のお店も混在しアーケードとなっているのでお天気も気にせずに遊びに行けちゃいます。旬の魚介類やお野菜、果物がたくさん並び、朝からお寿司屋さんやどんぶり屋さんは行列が出来ておりました。
.
 私達はその場で焼いて食べさせてくれるお店で、旬の岩ガキ、車エビ、ホタテバター醤油、などなど焼いてもらい、朝から豪華にお腹を満たしました(≧∇≦)不覚にも一枚も写真を撮るのを忘れてしまいました…あぁ、あの岩ガキのぷりぷりした感じと大きさが伝わらないのが残念です…どんなに素敵な所かは「近江町市場」のH.Pでご覧いただければ幸いです。
.
 お腹がいっぱいになった後は、運動!!昨日行けなかった特別名勝でもあり日本三名園ひとつである「兼六園」へ! 
 
 朝にパラパラ降っていた雨も止み、真夏の日差しが差した中、「兼六園」はたくさんの観光客で賑わっておりました。「兼六園」はもともと金沢城の外郭としてお城に属したお庭で、1676年頃から作庭され、前田家の藩主が変わる中、どんどん大きくなり、12代藩主斉広の時に中国宋の詩人・李格非の書いた「洛陽名園記」の文中から宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の六勝を兼備するという意味で名付けられたそうです。本来なら雪のシーズンがやはり一番良いのかもしれませんが、夏は緑が生い茂り(と言っても、きちんと剪定されているので伸びきったかんじではありません。)、朝の雨もあって生き生きとしたコケのもっさり感が味わう事が出来ました。
Img_0742
↑「根上松」隣を歩く人がかなり小さく見えます。
Img_0743
↑いたる所にコケがビッシリ!
この青々とした感じ良くないですか??
他の見所も「兼六園」H.Pでチェックしてみてくださいね。
.
歩き疲れたので、外のお店で一服。
Img_0744
金粉ソフトクリーム。
もっと金箔がべったりのっかっているソフトもありました~。私達は遠慮気味の粉末タイプ。
.
.
さて、金沢市内も堪能したので、旅の最終目的地である富山へGO♪
.
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

:石川・富山の研修旅行のつづき♪:

 昨日のブログの続きです。

.
 『石川・富山アートと工芸研修旅行』続編!長めのお盆休みに研修旅行に行ったという話。そう半分は仕事のつもり♪
.
 さて、昨日のブログでは奈良の自宅から、金沢まで行き、「金沢21世紀美術館」を堪能したというお話でしたが、そのお話は昨日のブログをご覧ください→:石川・富山の研修旅行:の記事
.
 それで、16日はその後、なんとなくの街ぶらをすることになり、気が付くと「尾山神社」へ辿り着くという奇跡が起こり、せっかくなので立ち寄りました。
Img_0740
 「尾山神社」
 「尾山神社」金沢市の総社的神社として崇敬され、加賀藩祖前田利家公と正室のお松の方を祀っている神社です。上の画像は国指定重要文化財の「神門」。和漢洋の三洋式を混用した独特の門は明治8年の建築で、兼六園と共に金沢市のシンボルにともなっているそうです。
.
 そして、そろそろ疲れてきたので、ホテル方向に歩きながら、晩御飯をどこで食べるのかを考えていると、「長町武家屋敷跡」に辿り着くという奇跡が起こり、せっかくなのでまた少し寄り道。
Img_0741
 「長町武家屋敷跡界隈」
 少し暗くなる頃に訪れたので、足軽の暮らしぶりが垣間見られる「金沢市足軽資料館」や、前田家家臣であった野村家跡に船舶事業を営んでいた豪商の屋敷を一部移築してできた豪華絢爛なお屋敷や海外でも評価の高いお庭のある「武家屋敷跡野村家」を観光する事は出来ませんでしたが、街の雰囲気を堪能。
.
 お腹のすいた私達の晩御飯チョイスはラーメン!「前田慶次朗」。食したのは、見た目のインパクトも抜群、味はクリーミー濃厚豚骨の「慶次朗」と、伝説のラーメン店の味を再現したという「幻の王様中華そば」。どちらも全く違う味ではあるが、とっても美味しかったです。
.
 さ、お腹も満たした事だし、散策で運動もできたし、大満足でこの日の研修は終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

:石川・富山の研修旅行♪:

 まず初めにお知らせですが、お盆休みを頂いておりましたが、今日から『創作ステンドグラス工房 ビッグハウス 新石切工房』は営業しております!!

 長めのお盆休みを有難うございました。
--------------------------------------
 さて、その長めのお盆休みを活用して、研修旅行に行ってきました!研修旅行です笑。
.
 題して『石川・富山アートと工芸研修旅行』
.
 最大の目的は富山市にある『富山市ガラス美術館』に行く事だったのですが、その他いつも通りの直前に決める方式で進んで行く旅となりました。
.
 16日の朝、奈良県の自宅→大阪交野市「第二京阪」→「京滋バイパス」→「名神」→「北陸自動車道」→お昼過ぎに金沢へ到着!
.
 と同時に土砂降り~( ゚д゚)ヒゴロノオコナイカ…まずはホテルにチェックイン。宿泊ホテルは金沢駅から15分くらい南西に向かった寺町寺院群の近くの古めでリーズナブルなお宿。雨がマシになるまでホテル待機。
.
 なんとか1時間くらいで止んでくれたので、予定していた「兼六園」は明日に見送り、「金沢21世紀美術館」へ。徒歩20分くらいかけてホテルから歩いて行きました。減量の為に笑
Img_0739
 「金沢21世紀美術館」
 現代アートを展示した美術館で、広い敷地にはぐるっと一周ガラス張りの円形状の自身もアートな建物。中の展示室は小分けになっており、恒久展示、有名どころで「レアンドロ・エルリッヒ『スイミング・プール』」などや、期間で入れ替わる展示など、様々なアート作品が入場無料で楽しめるようになっております。勿論、入場料が必要ではあるが興味深い展示も期間で入れ替わり展示されています。現代アート的な参加型?のようなアートが多く、アートを介して色んな事を考察できるようになっており、子供でも楽しめます。
.
 この続きは後ほど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

:城崎・丹後の旅♪:

 先日、お陰さまで忙しかった3月を終えて、休養の為の連休を取らせて頂きました!そして向かった先は、『城崎温泉』!初城崎!

.
 関西圏内の方には馴染みがあるかとは思います。「城崎」…「温泉」・「蟹」!そんなイメージがありますね。蟹のシーズンは、残念ながら3月までみたいですが、温泉を目的にいざ城崎!
.
 なんやかんやの用事を済ませて、生駒を出発したのはお昼前。ルートは中国道から若狭舞鶴道、さらに北近畿豊岡道を進むことに。途中では、篠山や丹波の川沿いの土手に植えられた桜並木が永遠に続くのではないかという光景は、田舎ののんびりとした風景とよく合い素敵でしたし、更に進むと、あのCMで話題となった朝来の竹田城もニアミス!(霧?雲には覆われていませんでした。)あぁ、あの山の上が竹田城か…と横目に。誘惑にも負けずに、そのまま城崎へとまっしぐら~。
Img_0404
画面中央水平ラインに桜並木
.
 あっという間に、到着!城崎では、ひとまずホテルにて一休憩。
.
 行きの車でホテルを予約、城崎に何があるかも調べずにイメージだけで行こうと決めた旅行先…。さずがにちょっとした知識があると、なんとなく体験するより楽しいはず!という事で、休憩がてらお勉強。
.
≪城崎温泉≫-------------------------------
 昔ながらの湯の町情緒を味わえるという点では、関西では城崎の右に出る温泉地はないだろう。多くの文人墨客や幕末の志士らも愛した湯処であり、しだれ柳が揺れる大谿川沿いを散策するだけでも気分は高まる。ここでの楽しみなのは、浴衣姿で下駄を鳴らして歩く名物の外湯めぐり。従来は6つの外湯を総称して城崎六湯とよばれていたが、城崎温泉駅前にあるさとの湯の開湯以来、城崎は「七湯」になった。外湯にはそれぞれ言い伝えがあり、名称もそれに由来している。(『まっぷる関西日帰り温泉』より)
.
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島、今津ほか
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
pH値:7.3中性
源泉数:5か所
湯の色・味・におい:無色透明・ほのかな塩味・無臭
飲料:可
-------------------------------------------
.
 ということで予習もでき、夕方5時前という時間もあり、行きたい外湯を厳選し向かう事へ。着いた温泉街は、本で読んだ通り川を挟んで柳の木が並び、川には太鼓橋が掛り、両サイドの道を外湯巡りしている人々が浴衣を着て歩いている…「なんて、温泉チック!」感動(゚▽゚*)そして、まず選らんだのは『一の湯』!
Img_0406
 「開運招福の湯」といわれる城崎外湯の筆頭。温泉医学の祖、香川修徳が著書『薬選』に天下一の湯と記したことから名づけられ、その昔は大名も駕籠で通ったほど。近年リニューアルしたが、桃山様式の外観は今も城崎を代表する景観の一つだ。館内は近代的な造りで、神秘的な洞窟風呂が好評。だそうで、ひとつめは縁起も担いでこちらに決定!
.
 「外湯めぐり券」を購入。一日外湯入り放題♪¥1.200。2つ入れば元が取れます!なんてお得!
.
 そして、『一の湯』浴室へ~。つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

:うどん県、香川。本当にうどん県:

 そろそろお正月ムードも終わりをつげ、通常の雰囲気を出した日常へと戻ってきた今日この頃。皆様はお正月をゆっくり過ごす事が出来ましたでしょうか?
.

 ちなみに、私はお正月休み(正確には年末)に、四国の愛媛県に帰省した際、うどんが食べたくなり、うどん県香川へとうどんを食べに行く事にしました。

.
 愛媛から香川に入ると同時に、うどん屋さんを目にする数が圧倒的に増え、さすがうどん県と命名するぐらいの事はあると実感。食べログなどをあてに美味しそうなうどん屋さんをピックアップ。2店舗をはしごする事に決めました。
.
 一店舗目は『西端手打 上戸』さん。
  Img_0037
香川県観音寺市豊浜の海沿いにあるうどんやさん。ホームページにも書かれいるように「力強い麺といりこ風味のだし」。太めのコシのあるうどんの食感と体に滲みいるような優しくもしっかりとしたダシ。
  Img_0038_2
気が付けば器の中は空っぽ。w(゚o゚)w (※中身の様子は『西端手打 上戸』さんのホームページ、または食べログをご覧ください…。)さすがの味に店外には行列が出来、ちょうど私達が食べ終わるくらいにはだし汁がなくなりつつあり、お昼までで営業が終わってしまうみたいでした。
.
.
 さて、二店舗目は『宮川製麺所』さん。
こちらは少し東へと進み、香川県善通寺市中村町にある製麺所さん。こちらも太めのうどんにいりこダシ。
  Img_0039_2
 味もしっかりとしたものがありましたが、更にこちらの素敵なところは、そのスタイル!香川にうどんを食べに来ました感が堪らないですね!(。・w・。 )
 香川ではよく見かけられるスタイルではあると思いますが、お店に入ったはいいが、初心者には何をどうすればいいのか?? メニューは? 器は? ダシはどうすれば? お会計は?? 前の人をチラミ、いや、がん見ですね。
 なるほどなるほど。うどんを店員さんに入れて頂いたら、自分で温めて、ダシは柄杓で掬うんですね!お会計は食べた後に自己申告!ちょっと迷っていたら優しい常連の方と思しき人が教えてくれます。『宮川製麺所』ホームページ食べログ
.
 大満足!香川には色んなうどんやさんがあるので、また帰省した際には違う所にもよってみたいです。
.
あ、そういえば、だいぶ前に行った他の製麺所で、青ネギセルフはさみカットにもびっくりしましたね~。席に置いてある輪ゴムで束にしてくれた青ネギをはさみでチョキチョキと自分でカットしながら器に入れます。良い思い出です。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧